車維持費 高い

車の維持費がクソ高いっ!

 

車の維持費って高いですよね。

 

車の維持費は主に

  • ガソリン代
  • 駐車場代
  • 税金
  • 保険料
  • 車検代
  • 消耗品(タイヤなど)の交換費用

ざっとこんな感じです。

 

ガソリン代や駐車場代は、
ご存知の通り、結構しますよね。
さらには、税金もかかります。
日本の自動車税は、諸外国に比べて高いとされます。
また、定期的に車検に出さないといけません。

 

気が付けば、車の維持費のせいで、
貯金がスッカラカンになるなんてこともあります。

 

私の友人なんかは、車をもったせいで
生活に余裕がなくなり、飲みに誘っても
断れるようになりました。

 

どう考えても、普通のサラリーマンには
車の維持費は高すぎです!

 


そもそも車は必要か?

 

そこで、1つ考えてもらいたいのです。

 

本当に車は必要なのか?
と。

 

「絶対必要だ!」と即答できた人は、
このページを去っても構いません。
しかし、即答できなかった人はちょっと考えてほしいのです。

 

年収1億の人が車をもたない理由

 

最近では”若者の車離れ”が指摘されています。
事実、都市部を中心に
車をもたない若い人は多いです。
もちろん経済的にまだ車を買えないからということもあるでしょうが、
そもそも車を欲しいと思わないのです。
理由は2つあります。

 

車はしょせん移動手段の1つ

 

都市部では交通手段が発達しているので、
車がなくても生活に困りません。
むしろ車で移動すると渋滞に巻き込まれたり、
駐車場代が高くつくため、電車で移動した方が快適で
安あがりです。

 

そもそも自動車の機能的価値は”交通手段”です。
田舎の方に住んでおり、車が絶対必要ならともかく、
なくても他に交通手段があるのなら、
無理して持たなくてもいいのです。

 

車は金食い虫

 

私の師匠に年収1億の経営者がいます。
年収1億もあれば、ベンツやフェラーリといった
高級車に乗っているのではと思うでしょう。
しかし、なんと彼は車を1台も持っていないのです。
理由を尋ねると彼はこう答えました。

 

「車は金食い虫だからね」

 

車は購入費用に加えて維持費がすごくかかります。
持っているだけお金が流れていくようなものです。
金持ちは、往々にして、
必要のないものには一切お金は使わない主義です。
だから、お金はあるけど車は持っていない人は
結構いるんですね。

 

そもそも車をもつのがステータスだという考え方が
時代遅れになっているのかもしれません。

 

車のせいで生活が圧迫されるなんて
全く無意味なことです。

 

もし車がなくても生活できるのなら、
いっそ手放すという選択肢を考えてはどうでしょうか。


車は高く売れる!

 

車を売ってもほとんどお金にならないと思っていませんか。
実は、あなたの車は予想外の値段がつく可能性があります。

 

車を売る方法として最も一般的なのが、
ディーラーに下取りに出すことです。
しかし、このディーラー下取りは、高く買い取ってもらえません。
そもそもディーラーは買取が専門ではないので、
最初から高く買う気はないのです。

 

そこでおすすめしたいのが、
車の一括査定に申し込むことです。
車一括査定とは、車を複数の買取業者に
同時に査定してもらうサービスです。
1社だけではなく何社もの買取店に
一斉に査定に出すため、業者間で競り合いになり、
高い値段がつきやすいのがメリットです。
ディーラー下取りだと20万円しかつかなかった車が、
一括査定にだして最終的に80万円で売れたケース
もあります。

 

一括査定はすべて無料ですし、
パソコンやスマホから数分で申し込みは終わります。

 

特にリクルートが運営するカーセンサーなら、
大手買取業者も多数参加しており、一番高く売れやすいです。

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

 

連絡方法をメールのみに指定できますよ。


車のないエコな生活へ

 

車を手放すことは最初は勇気がいるものです。
特に長年車のある生活をしてきたなら、なおさらです。

 

しかし、さきほど言いましたように、
今の時代は、車はなくてもいいという風潮です。
都市部に住んでいるのなら、ほかにも移動手段はあります。
最近では、自転車通勤する人も多いですよ。
私も自転車通勤ですが、
おかげで体脂肪が落ちました。
車がなくなると、
歩く機会が増えて、健康にもいいです!

 

また、車を手放すことで経済的に余裕ができます。
車の維持費が浮くとしたら、
あなたは何に使いますか?

  • 欲しかったものが買える
  • 家族や恋人へのプレゼントが買える
  • 外食にも気軽にいける

たくさんありますよね。

 

この機会に、車を売って新しい生活をスタートしてはいかがでしょうか。